本記事内では一部プロモーションを含みます。

腰痛で仕事を辞める人

もしかしたら「腰痛で辛いからもう今の仕事は辞める」と考えていますか?
でも、それって後悔する可能性が高いかもしれません。
なぜなら、腰痛で仕事を辞めることは今までの経験やスキルを捨てることになってしまいます。
また一から新しい仕事に就いても、今より年収も待遇もキャリアダウンしてしまいます。

もし今、腰痛で仕事を辞めるかどうか迷っているならぜひこの記事を読んでから決断してください。

腰痛で仕事を辞めるのはもったいない!

腰痛で仕事を辞めることを上司に報告

確かに腰痛を抱えながら仕事をする緒は大変つらいものです。
しかし、腰痛で仕事を辞めるのはもったいないと思います。

今までの経験やキャリアをドブに捨てるのは惜しい

もしあなたが今の仕事で10年以上の経験があったり、30歳を超えているのなら、腰痛で今のキャリアを捨てるのはちょっと待ってください。
腰痛で転職したのなら、きっと今より年収も下がりますし、またいちから新しい仕事を覚えるのはとても大変です。

今の仕事を腰痛で辞めたとしても、次にどんな仕事に就くか決めていますか?

やりたい仕事があるのなら決して引き留めはしませんが、もしただそれが腰痛だけの理由なら仕事を辞めるのは慎重になって下さい。
なぜなら、次の仕事を探す転職活動は厳しい現実が待っているからです。
色々と求職活動はしたものの、結局今の仕事とよく似た仕事に就く可能性がとても高いからです。
それでは、腰痛で今の仕事を辞める意味があまりありません。

今や腰痛は国民的病気である

日本全国で腰痛持ちの方は約3000万人もいるという調査結果が厚生労働省から発表されています。
つまり、4人に1人が腰痛持ちなのです。
まさに腰痛は国民的病気なのです。
参考:厚生労働省

ですから腰痛で悩んでいるのはあなただけではないのです。

腰痛の85が原因不明

腰痛が厄介なのはあなたのよく知っているはずです。
なぜなら85%もの腰痛は原因が不明だからです。

腰痛の原因を調べるためにレントゲンやMRIなどの画像検査を行っても、8割以上のケースでは原因を特定することはできないのが現実です。
病院に行っても、結局は鎮痛剤を処方や湿布薬をもらうだけで終わりのことが多いのです。
これでは、いつまで経っても根本的な腰痛の治療は終わりません。

仕事を辞める本当の理由は腰痛ではないのでは?

腰痛で仕事を鵜あめるかどうか悩んでいるあなたに、今一度確かめたいのは
腰痛が今の仕事を辞める本当の理由ですか?
ということです。

腰痛で仕事を辞める理由は人それぞれですが、多くの場合は仕事に対する不満やストレスが大きな要因のことも多いのです。

腰痛で仕事を辞めた後は決めていますか?

腰痛で仕事を辞めるにあたって、今後のことをしっかりと考えていますか?
今の仕事は辞めるのは、次の就職先のめどがついてからにしてください。、
じゃないと、たちまち生活できなくなってしまいます。

腰痛で仕事を辞める前にできることがある

腰痛対策

腰痛で仕事を辞める前に、できることもいろいろあります。
今の仕事を辞めるのは、できるだけのことを試してからでも遅くはありません。

会社に配置転換は相談してみる

今の会社の業務内容にもよりますが、腰の負担の少ない業務への配置転換を相談してみてはいかがでしょうか?
それが永続的なものではなく、とりあえず腰痛がおさまるまでの一時的なものであってもいいとおもいます。
数か月だけでも腰に負担の少ない仕事ができれば、きっとあなたの腰痛も改善するはずです。

腰痛は長年の腰への疲労の蓄積が原因のこともあります。
しばらく腰を休めることができれば、状況はかなり変わると思います。

いったん休職して腰痛を徹底的に治す

腰痛といっても色々な種類があります。
特に「ヘルニア」の場合は手術が必要なこともあります。

そんな場合は会社を辞めるのではなく、いったん休職して腰痛を徹底的に治すという選択もあります。

腰痛で仕事を辞める前に腰痛との正しい付き合い方を知っておこう

腰痛とい上手く付き合っていく

腰痛で悩んでいる方はたくさんいます。
でも、いちいちそれで仕事辞めていたらきりがありません。

腰痛の80%がその原因が特定できない以上、腰痛とは長く付き合っていかなくいてはいけないものなのです。

腰痛に良いマットレスがあるのをしていますか?

腰痛 マットレス

腰痛持ちの方はマットレスなど寝具にもこだわっている方が多いのをご存知ですか?

睡眠時は腰や背骨をリセットする大切な時間です。
それに大きく関係しているのが「寝返り」なんです。
人間は睡眠中に「寝返る」をうつことによって腰や背骨のリセットをしています。

そこで、腰痛持ちの方に人気なのが「モットン」などの高反発マットレスです。
適度に硬いマットレスは、寝返りを促してくれて、その結果 腰痛が改善されるのです。

高反発マットレスで寝ることによって、すぐに腰痛改善の効果は出ませんがある程度の期間使用し続けると、いつの間にか腰痛が治っていたという話もよくあります。

モットンの口コミ


モットンの口コミはSNSDでもたくさん書き込まれています。
その中から少し紹介しておきますね。

\腰痛改善に試す価値あり(90日間返金保証)/
【モットン】公式サイトはコチラ

腰を痛める動作をしない癖をつける

腰痛持ちの方で、重い荷物を持ち上げる仕事の方もいることでしょう。
しかも、変な姿勢で重い荷物の持ち方で腰に大きな負担をかけてしまいます。
最悪、「ぎっくり腰」に鳴ってしまいかねません。

特に腰を曲げて前かがみの状態で重い荷物を持ち上げるのは厳禁です。
でも、これってついついやっちゃうんですよね。
だからこそ、意識的に腰を痛める動作をしない癖をつけるようにしなければなりません。


【腰に負担をかけない重い荷物の持ち上げ方】


この一連の動作。
わかっちゃいるけど、これがなかなか難しいです。
まだ腰に痛みが残っている状態なら気を付けるのですが、それも治ってからだとつい横着をしてしまい腰痛が再発してしまいます。
だからこそ、しかkり身体に染み込ませ癖になるくらいにまでしなくてはなりません。
あのぎっくり腰の激痛をしている穴tなら、ぜったにできます。

現場の方もみんなこうやって腰の負担を減らして仕事をしています。


【現場の人もみんな腰には気を付けている】

腰に負担をかける姿勢を長く続けない

腰痛はなにも重い荷物を持ち上げる肉体労働の方ばかりではありません。
一日中デスクに座っているオフィスワークの方にも腰痛で悩んでいる方も多いのです。

座る姿勢の基本は、背骨も首もしっかり伸びていることです。
またおへそから下を背骨に近づける」要領で、腹筋に力を入れることも大切です。
この姿勢をとるためには、股関節と膝頭が水平、もしくは股関節より膝頭がほんの少し高くなり、足の裏がしっかりと床についていることをい確認してください。

しかし、実際には座面が高く、座ると膝頭が下がるイスを使っている人が多いことでしょう。 そのときには、足元に菓子の空き缶や、雑誌を重ねたものなどをおくと楽になり、腹筋に力が入りやすくなって腰痛予防にもなります。
さらに正しい姿勢でることは集中力を高め、仕事もはかどります。

【正しい姿勢で腰に負担をかけない座り方】



今は在宅ワークで自宅でリモートワークされている方も増えました。
そんな方たちに人気なのが、腰に負担をかけない椅子です。
これって意外と価格が高いのです。
数万円~10万円以上の物ももありますが、これがよく売れているのです。

それだけ、デスクワークでの姿勢は大事ですので、ぜひう椅子にもこだわってみてください。

ストレッチで腰痛を防ぐ

マットレスなどの寝具
デスクワーの姿勢
それらも気と付けたいところですが、どうしても腰に負担はかけてしまいます。

そこで、ぜひ習慣化して欲しいのが「腰痛ストレッチ」です。
これで一日酷使した腰をいたわってあげて下さい。

寝ながら行う腰痛ストレッチ動画
<

寝ながら行う腰痛ストレッチ動画|ヨガ編



筋肉を鍛える

腰痛のひとつの原因として「運動不足」があります。
特に腹筋や腰回りなどの筋肉を鍛えることで、腰痛が改善します。

【腰痛に効く筋トレ】

まとめ

とにかく腰痛で仕事を辞めるか迷っているなら、慎重に決断してください。
できるだけのことやってから、仕事を辞めても遅くはありません。