朝起きたら腰が痛い

朝、目が覚めると
「痛てててっ
ベッドから起き上がろうとすると腰に激痛が走ることはありませんか?
朝起きたら腰が痛い
それってベッドが原因なことって多いんです。

寝ている間に腰に負担をかけ続けていると
いつかギックリ腰に?
腰痛が慢性化してしまう?

恐れもあります。

朝起きたら腰が痛い人はベッドやマットレスにも関心を持ってください。

今まさに「朝起きたら腰が痛くて起き上がれない」という方の対処法

しかし、今まさに
「朝起きたら腰が痛くて起き上がれない」
という方もいるでしょう。
そんな方はまず朝起きたら腰回りの筋肉をストレッチしてみましょう。
やり方はこんな感じです。




おそらく「朝起きたら腰が痛くて起き上がれない」という方なら無意識にこんな動作をしていると思います。
これは無意識のうちに腰のまわりの筋肉をストレッチしてほぐしているんですね。

朝起きたら腰が痛い方の対処法は「楽な寝方」も工夫して

腰痛 楽な寝方

長らく腰痛の方で困っているのは
「夜、腰が痛くてぐっすり眠れない」
というお悩みです。

特に仰向けで寝ると腰が痛くて眠れないと思います。
そんな腰痛持ちの方は普段から「楽な寝方」も工夫してみてください。

とにかく腰痛は「日にち薬」が一番で安静が一番です。
しばらくは様子を見なくてはいけません。
「イテテテテッ!」
そうおもわず口走りながらそぉーっと寝転がらなければなりません。


【腰痛持ち必見~腰に負担をかけない楽な寝方】

治ったと思っていた腰痛が突然ぶり返してくることってよくあります。
そんな時に備えて「腰痛持ちの楽な寝方」も知っておいてください。
これだけでかなり突然の腰痛にも備えられます。

朝起きたら腰が痛いのはなぜ?

朝起きたら腰が痛い原因


朝起きたら腰が痛い
その理由は寝方が原因です。
寝方が悪いと「寝返り」がうまくうてません。
この寝返りの回数が少ないと同じ姿勢で寝ていることが長くなり腰への負担が大きくなります。
寝返りってとても重要なことに気づいてください。

寝返りの重要性|長時間、同じ姿勢で寝ていると血流が悪くなる部分が起こる

人間はどうして寝ている間の無意識のうちに寝返りを何度も繰り返しているのかご存知ですか?
それは同じ姿勢でずっと寝ていると重力などので血行不良が起こっている部分ができてしまうからです。
たとえるなら正座を続けていたら足がしびれてしまうのと同じです。

寝ている間に身体にかかる荷重を支えているポイントは主に「首」「肩」「腰」です。
この部分にかかる荷重のポイントを無意識のうちに寝返るをうつことで分散しているのです。

しかし寝返りができずに同じ姿勢を続けているとどこかに血行不良の部分ができてしまいます。
それで筋肉が凝り固まったいき、
「首コリ」
「肩こり」
「腰痛」
の原因となっていくのです。

寝ている間にかかる荷重を「体圧」とも呼ばれています。
この体圧をいかにうまく分散させるかがとても重要なのです。

ベッドの枕やマットレスが寝返りを妨げている

寝ている間の無意識だからこそ、少しのことが大きな影響を及ぼしていることがあります。

たとえば
・枕の高さや硬さ
・マットレスの硬さ
・かけ布団の重さ
これらがほんの少し自分に合っていないだけで身体に大きな影響を及ぼすのです。

「高級ホテルに泊まったら疲れが全然とれなかった」という経験はないですか?

新婚旅行や社員旅行で普段は泊まれないような高級ホテルに泊まった時に
「あれ?ぜんぜん疲れがとれてないなぁ・・」
なんて経験したことないですか?

それ、枕やマットレスなどの寝具が原因なんです。
一流高級ホテルほど快適なベッドを用意しています。
それはフッカフカのベッドなんです。

高級ホテルのベッドへのダイブ
きっとあなたも一度や二度はやってみたことがあるはずです。
その驚くような柔らかさに快適な眠りを疑わなかったはずです。

しかし、そんなフッカフカの柔らかすぎるベッドでは寝返りがうまく打てないのです。
だから、翌日疲れが全然とれていないのです。

寝方が悪い

寝返りと共に朝起きたら腰が痛い原因のひとつに「寝方が悪い」ことも挙げられます。
寝方には各人の癖があります。
「仰向け寝」
「横向き寝」
「うつぶせ寝」
あなたはどんな寝方でいつも眠っていますか?

仰向け寝

あおむけ寝が一番身体にかかる体圧を分散し身体への負担が少ない寝方です。
背骨もまっすぐになりますし、寝返利も打田錘寝方です。
ただすでに腰痛持ちの方や猫背気味の方は背骨がまっすぐになるこの寝方が苦痛になることもあります。

横向き寝

仰向き寝の方に多いのが
・いびき
・鼻づまり
です。
これは仰向きで寝ることで重力で気道が詰まりやすい方です。・
横向き寝ではこの気道が狭くならないので呼吸が楽になり、いびきや鼻詰まりが起きなくなります。

ただ、この横向き寝は
・背骨がまっすぐにならず腰への負担がかかる
・前後ろに倒れないようにバランスをとるため無意識のうちに筋肉に力が入っている
ことっがあります。

うつぶせ寝

すでにひどい肩こりや腰痛持ちの方ならこのうつぶせ寝が一番楽だと感じていませんか?
しかしこの「うつぶせ寝」は
・腰が反り返っていて腰への負担が大きp
・首を左右どちらかにひねらなければならず、首への負担が大きい。
・背骨がゆがむ要因になりやすい。
・寝返りが打ちにくい
などデメリットも多いことに注意してください。

寝返りが寝方を自然に変えてくれる

あおむけ寝
横向きね
うつぶせ寝
どれにもメリットとデメリットがあります。

ですから眠っている間に人間は寝返りで寝方を変えているんです。

朝起きたら腰が痛いならベッドより「せんべい布団」がおすすめ

腰痛 せんべい布団

昔から言われているのは
「腰痛にはせんべい布団が良い」
というのを聞いたことをありませんか?
そんなことを聞いてもきっと「?」と思っていたはずです。

でも、寝返りのことを考えたらやっぱり
せんべい布団は腰痛には良い
というのもあながち迷信ではないと思います。

絶妙な硬さのせんべい布団はないのか?

せんべい布団?
それはペチャンコになってしまった敷布団です。
このせんべい布団が腰痛には絶妙な硬さなんです。

腰痛改善には硬い床で寝ればいいと言われていますが「ただ硬ければいい」という訳ではありません。
たとえば
コタツで寝入ってしまった?
酔っ払ってリビングの堅い床で寝てしまった?
そんな翌朝はきっと身体のあちこちが痛いはずです。
これはうまく体圧の分散ができていなくて、どこか一部に体圧が集中してしまったからです。

これがせんべい布団だと
硬すぎず
柔らかすぎず
絶妙に体圧を分散して、かつ寝返りも打ちやすくしてくれているのです。

今時 せんべい布団なんて手に入らないから

せんべい布団なんて手に入らない現代だからこそ腰痛持ちの方に人気なのが高反発マットレスです。
高反発マットレスってまさに
せんべい布団を再現するためのもの
なんです。

一流のアスリートが持ち歩く絶妙のせんべい布団が高反発マットレス

海外や日本各地を転戦や遠征している一流のアスリートはみんな「枕」や「マットレス」を持って移動していることをご存知ですか?
マットレスのCMでよくトプアスリートたちが出て自信を持て勧めているのはそのせいかもしれません。
あの浅田真央ちゃんの「エアウィーブ」のCMは有名ですよね?
※エアウィーブはシングルで66,0000円~とかなりお値段がお高めですが・・・

高級ホテルに泊まる一流アスリートがわざわざ持参してまで使用しているマットレスで人気なのが「高反発マットレス」なんです、
まさに一流アスリートもわざわざ「せんべい布団で寝る」ことをやっているのです。